社団法人 宇治青年会議所

宇治市宇治琵琶45-13

宇治商工会議所内

電話 0774-23-3172

FAX 0774-23-7025

E-mail info@ujijc.jp

 

 

 

Template design
by Design room kanna

理事長所信

2017年度 一般社団法人 宇治青年会議所
理事長所信

一致団結
~活気溢れる地域が未来を創る~


一般社団法人 宇治青年会議所
第48代理事長 石山 高志


はじめに
私は、宇治青年会議所に入会し、これまでに多くの素晴らしい仲間に出会うことが出来ました。入会しなければ知り合えずにいた仲間と、意見や想いを語り合い、高みを目指し熱い気持ちに共感することで自らの成長に繋がり、仲間と共に同じ目的に向かって活動する素晴らしさを感じました。そして、青年会議所活動、における「奉仕・修練・友情」から生まれる喜びを共有することにより、仲間との間に強固な絆が生まれることをメンバーに伝えたい。また、47年間、先輩方から受け継がれてきた歴史と伝統に敬意を払いつつ、目まぐるしく変わる時代に応じた成長を遂げていく必要があります。我々は、自らが住まう地域を元気にするために、新たな、そして確かな一歩を踏み出さなければなりません。

会員拡大
本年度、宇治青年会議所において最も重要な課題は会員拡大であることは間違いありません。近年、会員拡大にしっかりとした意識を持ち、行動したことで会員数は順調に増加しています。この流れを本年度も継承し、会員拡大をメンバー一丸となって実行していく必要があります。まずは、自身が先頭に立ち、青年会議所活動、運動の素晴らしさや本質を明確に伝え、しっかりとメンバーに理解してもらうことが重要です。そして、メンバー一人ひとりが地域の方々に青年会議所の活動、運動を発信し、地域を牽引する活気溢れる青年が、強い結束力で繋がった組織であると周囲に伝われば、自然と会員増加にも良い結果が残ります。次代を担う青年として、メンバーの協力を得ながら一致団結し会員拡大を推し進め、一人でも多く青年会議所の理解者を増やし、会員拡大にメンバー一丸となって取り組んで参ります。

 

ひとづくり
近年、宇治青年会議所には経験豊富なメンバーが少なく、メンバーの半数以上が入会3年未満を占めているのが現状です。まずは、メンバーに自身の成長のためには何事も前向きに行動することの重要性を学んで欲しい。仲間と一致団結し何事も全力で取り組み、自ら勇気ある第一歩を踏み出すことで自身の成長を実感できるに違いありません。たとえ失敗に終わったとしても無駄ではなく、活動してきた経験が自らの成長に繋がります。活気溢れた地域を牽引するリーダーを育成し、青年会議所の組織のあり方、青年会議所の本質をしっかりと学ぶ機会を設け、入会浅いメンバーの成長に繋げていきます。成長を遂げたメンバーは、地域や組織に大きな影響力を与える活気溢れたリーダーとなり、必ず地域や組織から必要とされます。そして、これまで地域のために活動をされてこられた先輩方に様々な経験をお聞きしながら、現状と照らし合わせ、我々の今後の活動に繋げたいと考えます。先輩方との交流を積極的に行い、新たな可能性に向け挑戦して参ります。

まちづくり
現在は、昔と比べて子供達の遊ぶ環境も大きく変化し、多様化する情報化社会の中、屋外で遊ぶことが減少しているのではないでしょうか。私が幼き頃は、仲間たちと屋外で遊びまわり地域の色々な場所を知り、その経験が地域への愛着に繋がりました。現在の子供たちに必要なのは屋内で様々な情報を得ることより、屋外で自分の目で見て地域のことを知ることが大切だと考えます。本年度は、地域の未来を担う子供たちの育成に重点を置き、地域の人々の笑顔と活気溢れる地域の創造に務めて参ります。活気溢れる地域とは、誰もが未来に夢や希望を描ける地域です。子供たちの笑顔を地域全体で作り、人と人、人と地域、地域と地域の繋がりの深い、活気溢れた地域の未来を目指します。

京都ブロック大会主管に向けて
本年度は、公益社団法人 日本青年会議所 近畿地区 京都ブロック協議会 第45回京都ブロック大会が宇治青年会議所の活動エリアでの開催となり、京都府内の同じ志を持つメンバーが集う場を主管する機会を得ました。我々は、主管LOMとして、ブロック大会をしっかりと下支えし、この機会を存分に楽しみ、一致団結し取り組むことで、宇治青年会議所の新たな結束力が生まれます。地域の方々には、この地域に住まう一人として、地域を愛する心と、地域の魅力を再認識していただきます。そうすることで、地域に対する思いが高まると確信します。我々は、この大会を通じて得た学びや経験をいかし、活気溢れる地域の未来へと繋いでいきます。

姉妹青年会議所との交流
姉妹青年会議所の香港ブヒニア青年商会と国境を越え、心と心が通う民間外交を通じ、友情を築き上げてきました。海外との交流を通して自国を見つめ直し、海外の文化や風土を知り、言葉の壁を乗り越えることで様々な価値観を知ることができます。目的を持って臨めば国際交流は、今までの自らの価値観を大きく変える可能性を秘めています。これからも、ブヒニア青年商会との友情関係を共に力を合わせ強くし、そしてより深くすることで、相互発展に繋がると考えます。そして、メンバーには国際的な視野を持ち、また、国際青年会議所の一員であるという意識を高め未来志向な関係を築いてもらいたい。交流によって得たものを地域にも拡げる活動を行い未来に繋げたいと考えます。本年度は、次代を担う子供たちに国際的な視野を養ってもらうために、アジア諸国との友好的な関係の構築、また、他国の文化に触れる機会を提供し、未来へと繋がる関係の構築に向けた事業に挑みます。

結びに
私は、困難なことや失敗をしないと人間は成長しないと思います。新たなことに挑むには様々な壁があります。壁を乗り越えるには、しっかりとした強い意志が必要です。直面する壁が高いほど、乗り越えた後の感動や達成感は経験した者にしかわからない最高の幸福です。青年会議所は、自らの修練とメンバー同士が互いに切磋琢磨し成長を感じる場です。私たちの周りで起こる一つひとつの状況を、しっかりと理解し向き合っていくことが青年経済人としての使命だと考えます。我々が大きく成長すれば地域は変わる。我々が大きく成長すれば未来も変わる。まずは、自ら率先して行動し様々な問題に挑み、一緒に喜びや感動を共感できる仲間と一致団結し、活気溢れる地域の為に、常に全力で活動して参る所存です。